イブン・ジャズラ(英語表記)Ibn Jazla

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・ジャズラ【Ibn Jazla】

1074‐1100?
バグダードで活躍した医者。初めキリスト教徒であったが,後にイスラム改宗主著は《人体の構造に関する摘要表》で,352種類の病気を44の表にまとめ,その症状と治療法とを記した。同書は《Dispositio corporum de constitutione hominis,Tacuin œgritudinum》として,13世紀にユダヤ人モーゼス・ファラキMoses Farachiによりラテン語訳された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android