コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イムジン(臨津)江 イムジンこうRimjin-gang; Imjin-gang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イムジン(臨津)江
イムジンこう
Rimjin-gang; Imjin-gang

朝鮮半島の中部を北東から南西に流れる川。ハン (漢) 江の支流。全長 254km。流域面積 8118km2。可航水路 124km。北朝鮮ウォンサン (元山) 市の南西方にあるマショク (馬息) 嶺付近に源を発し,マシンニョン (馬息嶺) 山脈の東麓を南に流れて韓国に入る。ハンタン (漢灘) 江を合せて南西に向きを変え,下流ではハン江とともにキンポ (金浦) 平野を潤して合流する。流域は大半が林野で,朝鮮戦争で激戦地となった。休戦ラインに近いため,キョンウイ (京義) 鉄道の鉄橋は撤去され,南北の交通が遮断されていることから,「帰らざる川」と呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イムジン(臨津)江の関連キーワードトンドゥチョン(東豆川)市キョンギ(京畿)道ケソン(開城)市ハン(漢)江

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android