元山(読み)ウォンサン

  • げんざん
  • げんざん / ウォンサン
  • 元山 Wŏnsan

百科事典マイペディアの解説

朝鮮民主主義人民共和国,日本海岸にある港湾都市咸鏡南道から1949年江原道に編入され道都となる。永興湾南部の徳源湾内にある天然の良港。京元線,咸鏡線,東海北部線,平元線など鉄道の要地に当たる。市街は朝鮮戦争で破壊されたが,再建され,造船所,鉄道工場,化学工場が建設された。近海にはメンタイイワシなどが豊富で重要な水産基地。松濤園海水浴場をもち,金剛山登山の入口としても知られる。30万148人(1993)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

朝鮮民主主義人民共和国,江原道の東海岸にある都市。ソウルから東北朝鮮への入口にあたる交通の要衝であり,かつては咸鏡南道の道都であった。永興湾の湾奥にあり,天然の良港である元山港が日朝修好条規によって1880年に開港された。以後はおもに対日貿易にたずさわり,1914年開通の京元線(ソウル~元山)をはじめ元山基点の鉄道網が整備されると,日本人の大陸や北朝鮮各地への進出の拠点となった。1929年の元山ゼネストは交通・港湾労働者を中心とした全市をあげた労働争議として有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北朝鮮、江原道(こうげんどう/カンウォンド)にあり、永興(えいこう/ヨンフン)湾に臨む都市。1949年江原道が北緯38度線によって分断されたため、元山市を咸鏡南道(かんきょうなんどう/ハムギョンナムド)から分離して江原道に編入し、江原道の政治、経済、文化の中心地とした。港は永興湾の南側に位置し、海洋側に突き出た葛麻(かつま)半島が自然の防波堤をなしている。朝鮮戦争のとき廃墟(はいきょ)に帰し、戦後近代的な都市に再建された。造船所や鉄道工場など多くの中央工業企業体と教育文化機関がある。市の北東方の海辺にある松濤園(しょうとうえん)海水浴場は白砂に覆われ透明度が高く、葛麻半島の砂浜には松林が茂り、カイドウの咲きにおう「明沙(めいさ)十里」として全国的に知られる屈指の名勝地であり、夏の保養地ともなっている。松濤園の裏側に東方式公園が建設されている。

[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

朝鮮民主主義人民共和国南東部、江原道の主都。永興湾に面する港湾都市。造船、化学などの工業が行なわれ、海水浴場・保養地にもなっている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元山の関連情報