コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元山 ウォンサン

7件 の用語解説(元山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウォンサン【元山】

朝鮮民主主義人民共和国の南東部、日本海に面した港湾・軍港都市。造船・化学工業が盛ん。げんざん。

げんざん【元山】

ウォンサン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

元山【げんざん】

朝鮮民主主義人民共和国,日本海岸にある港湾都市咸鏡南道から1949年江原道に編入され道都となる。永興湾南部の徳源湾内にある天然の良港。京元線,咸鏡線,東海北部線,平元線など鉄道の要地に当たる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げんざん【元山 Wŏnsan】

朝鮮民主主義人民共和国,江原道の東海岸にある都市。ソウルから東北朝鮮への入口にあたる交通の要衝であり,かつては咸鏡南道の道都であった。永興湾の湾奥にあり,天然の良港である元山港が日朝修好条規によって1880年に開港された。以後はおもに対日貿易にたずさわり,1914年開通の京元線(ソウル~元山)をはじめ元山基点の鉄道網が整備されると,日本人の大陸や北朝鮮各地への進出の拠点となった。1929年の元山ゼネストは交通・港湾労働者を中心とした全市をあげた労働争議として有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ウォンサン【元山】

朝鮮民主主義人民共和国の南東部の日本海に面する港湾都市。化学・車両・石油精製・造船などの工業が発達。げんざん。

げんざん【元山】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元山
げんざん / ウォンサン

北朝鮮、江原道(こうげんどう/カンウォンド)にあり、永興(えいこう/ヨンフン)湾に臨む都市。1949年江原道が北緯38度線によって分断されたため、元山市を咸鏡南道(かんきょうなんどう/ハムギョンナムド)から分離して江原道に編入し、江原道の政治、経済、文化の中心地とした。港は永興湾の南側に位置し、海洋側に突き出た葛麻(かつま)半島が自然の防波堤をなしている。朝鮮戦争のとき廃墟(はいきょ)に帰し、戦後近代的な都市に再建された。造船所や鉄道工場など多くの中央工業企業体と教育文化機関がある。市の北東方の海辺にある松濤園(しょうとうえん)海水浴場は白砂に覆われ透明度が高く、葛麻半島の砂浜には松林が茂り、カイドウの咲きにおう「明沙(めいさ)十里」として全国的に知られる屈指の名勝地であり、夏の保養地ともなっている。松濤園の裏側に東方式公園が建設されている。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元山の関連キーワード北朝鮮江原道朝鮮民主主義人民共和国KCNA松岳脱北チョソンクルDPRK北韓南朝鮮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

元山の関連情報