コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イモゴライト imogolite

世界大百科事典 第2版の解説

イモゴライト【imogolite】

吉永長則,青峰重範により命名(1962)された粘土鉱物で,九州の〈いもご〉と呼ばれるガラス質火山灰土壌から分離確認されたのでこの名がつけられた。化学的にはシリカアルミナが分子比1の割合で一定の結合をした水和物(SiO2・Al2O3・2.5H2O)である。単位鉱物は外径約20Å,内径約10Åの中空の管状構造をもち,電子顕微鏡下では繊維状にみえる。肉眼的には,軽石風化物層中に半透明ゲル状皮膜として観察される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

イモゴライトの関連キーワード黒ぼく土鹿沼土

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android