コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イモゴライト(英語表記)imogolite

世界大百科事典 第2版の解説

イモゴライト【imogolite】

吉永長則,青峰重範により命名(1962)された粘土鉱物で,九州の〈いもご〉と呼ばれるガラス質火山灰土壌から分離確認されたのでこの名がつけられた。化学的にはシリカアルミナが分子比1の割合で一定の結合をした水和物(SiO2・Al2O3・2.5H2O)である。単位鉱物は外径約20Å,内径約10Åの中空の管状構造をもち,電子顕微鏡下では繊維状にみえる。肉眼的には,軽石風化物層中に半透明ゲル状皮膜として観察される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android