コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正則 セイソク

デジタル大辞泉の解説

せい‐そく【正則】

正しい規則。正式のしかた。
規則にかなっていること。正規。正式。
「駒井先生の英学は―ではなかったが」〈蘆花思出の記
数学で、複素平面の一定の領域で定義された複素変数関数が、領域内のすべての点で微分可能なこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいそく【正則】

正しい規則。
規則どおりであること。正規。 ↔ 変則 「 -の教育を受けなかつたために/明暗 漱石
外国語を学ぶ際、外国人から発音と意味を同時に学ぶこと。 ↔ 変則 〔ヘボン〕
〘数〙
複素関数が微分可能であること。
行列が逆行列をもつこと。
曲線が至る所で接線をもち、かつそれが連続的に変化すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の正則の言及

【関数論】より

…複素関数論ともいい,数学の中の解析学の一つの分野である。独立変数と従属変数が複素数であるような関数を複素関数というが,関数論はそのうち正則関数およびそれに関連する関数を対象とする。独立変数が2個以上のときは,とくに多変数関数論という。…

【多変数関数論】より

関数論の中で,二つ以上の独立変数をもつ関数を対象とする分野である。 複素n次元空間Cn(n≧2)の領域Dで定義された複素数値関数, wf(z1,z2,……,zn)は,もし各点(a1,a2,……,an)∈Dで複素偏微分可能のとき,すなわち次のことが成り立つとき,Dで正則であるという。各k=1,2,……,nに対し,f(a1,……,ak-1,zk,ak+1,……,an)がzkの関数としてakの近傍で(一変数)正則関数である。…

【連立方程式】より

…連立代数方程式の解全体はm次元空間の中でのf1(x1,……,xm),……,fr(x1,……,xm)の共通零点全体であり,代数多様体をなす。解が一つもないとき,この連立方程式は不能であるといい,解が有限個のとき,正則であるという。解が無限個のとき,不定であるということがあるが,あまりよいいい方ではない。…

※「正則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正則の関連キーワード賤ヶ岳の七本槍・賎ヶ嶽の七本槍長野県上高井郡高山村堀之内クラーメル‐ラオの定理賤ヶ岳の七本槍銭形平次〈2〉銭形平次〈1〉イーストレーキ河内七郎右衛門ドレミファ船長テイラーの級数君を見上げて高木甚左衛門伊藤園[株]有理型関数非特異行列清洲[町]島津保次郎佃又右衛門山本周五郎斎藤秀三郎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正則の関連情報