イラリオン(読み)いらりおん(英語表記)Иларион/Ilarion

日本大百科全書(ニッポニカ)「イラリオン」の解説

イラリオン
いらりおん
Иларион/Ilarion

生没年不詳。ロシア正教会のキエフ府主教。11世紀中ごろの人。キエフ大公ヤロスラフ賢公のとき、ベレストーボの聖使徒教会の司祭であったが、1051年キエフの聖ソフィア教会でロシア人として初めての府主教となった。賢公の死の翌年(1055)には府主教座を追われ、ギリシア人がふたたび府主教となった。『律法と恩寵(おんちょう)に関する言葉およびウラジーミル公への讚辞(さんじ)』『全ロシアの地についての祈り』『信仰告白』は彼の書といわれるが、コンスタンティノープルに対するロシア正教の独立を暗に説き、とくに『讚辞』と『祈り』は中世のロシアで広く愛読された。

[山川令子 2018年2月16日]

『除村吉太郎訳『ロシヤ年代記』(1943・弘文堂/複製・1979・原書房)』『Ludolf MüllerDie Werke des Metropoliten Ilarion;Forum Slavicum 37(1971,Fink Verlag, München)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android