イラ族(読み)イラぞく(英語表記)Ila

翻訳|ILA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラ族
イラぞく
Ila

ザンビア南部とジンバブエ北辺に住むバンツー語系民族。主として牛牧民であるが,補助的に農耕も行う。主作物はとうもろこしとソーガムである。外婚制母系氏族をもつが,これは広く分散しており,全成員が結集することはない。約 80の地域共同体 (チシ) に分れており,各チシには1人の首長がいるが,彼の地位はチシ内の各村の長の第一人者にすぎず,チシ内の紛争などには各村の長が協力して解決にあたる。チシ内では母系親族のまとまりがみられ,これらの集団は私闘に際して団結し,また相続問題でも協力する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android