コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私闘 シトウ

デジタル大辞泉の解説

し‐とう【私闘】

[名](スル)個人的な利害恨みなどで争うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しとう【私闘】

( 名 ) スル
個人的な恨みのために争うこと。 「家臣間の-を禁ずる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

私闘
しとう

フェーデ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の私闘の言及

【敵討】より

…私闘の一形態。
【中世】
 日本の中世社会においては,生存権をふくめた諸権利を自分(個人ではなく集団)の手で守るために実力を行使し,またこれらの諸権利に対する侵害に対して実力で報復する私闘が広く存在した。…

※「私闘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

私闘の関連キーワード神の平和・神の休戦運動前九年・後三年の役ベルリヒンゲン承平・天慶の乱ジッキンゲン名古屋山三郎喧嘩両成敗法ラント平和令菅沼曲翠騎士戦争足利氏満国定忠治金印勅書曽我物語マフィア下野国源義家イラ族藺相如武士

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android