イルティシ川(読み)イルティシがわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イルティシ川
いるてぃしがわ
Иртыш Irtsh

カザフスタン共和国北東部とロシア連邦中部を北西流し、オビ川に注ぐ川。全長4248キロメートル、流域面積164万3000平方キロメートル。中国領モンゴル・アルタイ山脈西部の氷河に源を発して、チョールヌイ・イルティシ川(黒いイルティシの意)となり、西流してザイサン湖に注ぐ。ここからイルティシ川となり、カザフ山地東部を深い谷を刻んで北西流、オスケメン(旧ウスチ・カメノゴルスク)、セメイセミパラチンスク)に至る。これより下流はシベリア低地を曲流、パブロダールオムスク、ターラ、トボリスクを過ぎ、ハンティ・マンシスク北方でオビ川に合流。トボリスクから下流では川幅20~35キロメートル、平均流量毎秒2260立方メートル。上流にブクタルミンスク、オスケメンの二大水力発電所があり、下流のマロクラスノヤルカ(ターラ川中流)から河口までの3600キロメートル間には定期船が航行している。パブロダール付近からカラガンダまで約500キロメートルのイルティシ・カラガンダ運河が建設された。[須長博明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android