コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インタラクティブ インタラクティブ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インタラクティブ

「対話」または「双方向」といった意味で、ユーザーパソコンの画面を見ながら、対話をするような形式で操作する形態を指す。具体的には、コンピューターからの画像や音声によるメッセージに対して、ユーザーがマウスキーボードを入力して操作を進めていく。ユーザーが積極的に参加できるため、コンピューターを利用した学習教材にも使われる。インタラクティブの反対の意味としては、コンピューターが自動で処理するバッチ処理、非対話型、一括処理などの概念がある。これらは、処理がスタートすると一気に終了まで実行するので融通がきかない半面、インタラクティブな処理に比べて効率が高く、大量のデータ処理などに用いられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

インタラクティブ

「双方向」に、情報をやり取りすること。デジタルメディアの持つ基本的な機能。送り手からの一方的な情報送信ではなく、その内容に対し受け手が適宜、応答することで、受け手側のニーズ多方面に生かすことができる。受け身のメディアであったテレビも、デジタルになり、放送局への上がり回線が確保された。この双方向機能は、ショッピングゲームアンケートなどで活用されている。テレビがインターネットと接続されれば、さらにインタラクティブ性が上がる。

(麻倉怜士 デジタル・メディア評論家 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

インタラクティブ

利用者とソフトのやり取りに応じて、処理内容や表示が切り替わっていくことを指します。本来の意味は「相互に作用する」ですが、「対話形式」と訳されることが多いようです。テレビのように一方的に情報を受け取るのではなく、ゲームのように操作によってその場その場で内容が変化していくのがインタラクティブです。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

インタラクティブ(interactive)

[形動]
お互いに作用しあうさま。相互作用の。
情報処理・通信などの用語で、双方向の。対話型の。「インタラクティブテレビ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

インタラクティブ【interactive】

( 形動 )
相互に作用するさま。
情報の送り手と受け手が相互に情報をやりとりできる状態。現在のコンピューターによる情報処理の形式。対話型。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インタラクティブの関連情報