コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターディシプリナリー・アプローチ interdisciplinary approach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インターディシプリナリー・アプローチ
interdisciplinary approach

通常,学際研究の方法と呼ばれるもので,諸学構成的アプローチ,多元的アプローチともいう。現代の諸科学の発展は知識の集積とともに各学問領域の高度な専門化,細分化をもたらしてきた。それと同時に社会現象に対する問題解決も,その現象自体の高度な相互依存性によって一学問領域からのアプローチでは困難となってきている。たとえば今日の都市問題を取上げるにしても,複数の学問領域の立場からアプローチしなければ真の問題解決にはならない。このような諸科学の複合と統合によって問題解決をはかろうとするアプローチは,今日の科学研究の一つの特質となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android