インターディシプリナリー・アプローチ(英語表記)interdisciplinary approach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インターディシプリナリー・アプローチ
interdisciplinary approach

通常,学際研究の方法と呼ばれるもので,諸学構成的アプローチ,多元的アプローチともいう。現代の諸科学の発展は知識の集積とともに各学問領域の高度な専門化,細分化をもたらしてきた。それと同時に社会現象に対する問題解決も,その現象自体の高度な相互依存性によって一学問領域からのアプローチでは困難となってきている。たとえば今日の都市問題を取上げるにしても,複数の学問領域の立場からアプローチしなければの問題解決にはならない。このような諸科学の複合統合によって問題解決をはかろうとするアプローチは,今日の科学研究の一つの特質となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android