コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学際研究 がくさいけんきゅうinterdisciplinary research

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学際研究
がくさいけんきゅう
interdisciplinary research

境界領域研究ともいう。異なった学問領域に所属する研究者の協力により,隣接学問領域の境界にまたがる研究課題を解決するために研究開発を実施すること。産業社会が提起する問題が複雑多岐にわたりつつあるため,研究を要する課題,行政的対応を要する課題のなかには従来の専門分野ごとの研究では対応がむずかしいものが多数出現している。環境と住民の要請を充足した地域開発計画をつくるためには都市工学経済学社会学建築学,園芸学など多分野の専門家の協同作業が必要であり,また身体障害者の欲求に対応した商品を開発するためには医学,心理学,社会学などの専門家の協力を必要とする。学際研究の必要が在来の大学の専門分科別組織と対立し,またいわゆるシンク・タンクを生み出す背景ともなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

学際研究の関連キーワードインターディシプリナリー・アプローチモラン(Edgar Morin)関西文化学術研究都市エドガール モラン境界領域研究経営経済学犯罪心理学動物心理学社会的緊張筑波大学政策科学桑原武夫ドーア学部

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学際研究の関連情報