コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターネット専業銀行(読み)インターネットせんぎょうぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インターネット専業銀行
インターネットせんぎょうぎんこう

通常の銀行のような店舗をもたず,インターネット上で決済や残高照会,振り込みなどの金融取引サービスを提供する銀行。本店以外の支店網をもたないため,運営コストや人件費を抑制できる利点がある。かわって,預金金利上乗せや振込手数料削減などで顧客を厚遇する場合が多い。自宅で 24時間取り引きできるなど,利用者にとっても利便性が高い。インターネット普及に伴い,1990年代半ばからヨーロッパやアメリカ合衆国でインターネット専業銀行が次々に開業した。日本では 2000年10月,さくら銀行住友銀行日本生命保険などが富士通と共同で初めてのインターネット銀行,ジャパンネット銀行を開業した。2001年6月には家電メーカー大手ソニーがソニー銀行を,7月に伊藤忠商事などがイーバンク銀行を開業するなど設立が相次いだ。インターネット専業銀行は預金だけでなく,投資信託,保険商品,オンラインショッピングの代金支払いなど,金融商品を提供する窓口化を目指している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インターネット専業銀行の関連情報