住友銀行(読み)すみともぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住友銀行
すみともぎんこう

三井住友銀行の前身の一つ。第2次世界大戦後の財閥解体まで住友財閥の機関銀行で,三井銀行三菱銀行,安田銀行(→富士銀行),第一銀行とともに五大銀行の一つに数えられた。1895年に住友吉左衛門によって個人経営の銀行として創業され,1912年株式会社に改組。1916年他行にさきがけて海外に進出し,ハワイ,カリフォルニア,上海などに支店を開設した。1945年池田実業銀行,阪南銀行を合併。1948年大阪銀行に改称し,1952年住友銀行に復名。1965年河内銀行を合併。1967年には日本の銀行としては初めて事務の完全電算化(総合オンライン)を完成。経営合理化では業界の先駆をなし,住友グループの中核金融機関として発展を遂げた。1986年平和相互銀行合併。2001年さくら銀行と合併し,三井住友銀行となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住友銀行
すみともぎんこう

都市銀行の旧名称。1895年(明治28)に住友家の個人経営によって設立されたが、1912年(明治45)2月には株式会社に編成され、住友系企業の発展に伴い、昭和初期には財閥系五大銀行の一つに数えられるようになった。第二次世界大戦後、財閥解体によって大阪銀行と改名(1948)したが、経済復興に伴う財閥系企業の復活に伴い、1952年(昭和27)旧名に戻った。住友系グループの中核的存在として、住友系の企業を中心に、各業界のトップクラスや関西地方の優良企業と取引関係を結んだ。少数精鋭主義に基づく効率経営には定評があり、また海外業務にも早くから力を注ぎ、着実な実績をあげた。1986年10月1日に平和相互銀行と合併。資本金7528億円、店舗数国内796、海外38、従業員数1万4394人(2000年現在)。預金残高27兆3882億円、貸出金31兆3585億円(2000年現在)。2001年(平成13)4月、さくら銀行と合併、三井住友銀行となった。[外山茂樹]
『住友銀行行史編纂委員会編纂『住友銀行百年史』(1998・住友銀行)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住友銀行の関連情報