インテリジェントバッテリー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インテリジェントバッテリー

それ自身にCPUを搭載し、バッテリーの状態(バッテリー残量、充放電状態)などを管理できるバッテリー。多くは、バッテリー本体にもバッテリー残量インジケータを備えている。システムチップセットメーカーの米Intelと、バッテリーメーカーの米Dullacelらによって、ホスト(PC)とのインターフェイスなどを含めた標準規格が「SmartBattery」として発表されているが、現状では搭載例は少なく、業界標準の地位を占めるに至っていない。一方、DELL Computerは、ソニーとの共同開発により、独自にインテリジェントバッテリーを開発、Intel/Dullacel方式に先駆けて、いち早く製品化した(こちらも「スマートバッテリー」と呼ばれるが、Intelらの提唱する規格とは関係ない)。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android