ホスト(読み)ほすと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ホスト

複数のコンピューターが接続されたネットワークで、要求された処理を集中して行うコンピューターのこと。ホストコンピューターとも呼ばれる。大規模なデータベース管理や、ネットワーク制御などを行う。ホストコンピューターはメインフレームなどの大型コンピューターを、それに接続して機能や資源を利用するコンピューターはパソコンなどの小型コンピューターを使うことが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ホスト(host)

パーティーなどで、客を接待する側の男主人。また一般に、接待する側や、接待役のこと。「サミットのホスト国」
女性用のクラブなどで、接客する男性。「ホストクラブ」
テレビ・ラジオのワイド番組などで、進行係をつとめる男性。
ホストコンピューター」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ホスト【host】

パーティーなどで、主催者側の男主人。 → ゲストホステス
女性のためのクラブで、接客を行う男性。 → ホステス
テレビ・ラジオのショー番組で、男性の司会者。
多民族社会・多文化社会における、多数派。
ホストコンピューター

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ホスト

〘名〙 (host)
① 晩餐会などで客の接待をする主人役の男性
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉アテンド悲歌「大判のメニューを二冊かかえてつかつかと近寄ってきて、『本日のご主人役(ホスト)はミスタ・フカダでございまするか』」
② テレビ、ラジオのワイド番組などで、進行係をつとめる男性。
※にんげん動物園(1981)〈中島梓〉六三「そのゲストの選び方並べ方ですでに、ホストの人間性が隠しようもなくあらわれてしまっておもしろい」
③ 社交場などにつとめる男性の接客係。「ホストクラブ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のホストの言及

【もてなし】より

…これら,もしくはその関連語彙は,客と主人の両義をもっている。すなわち,ギリシア語のクセノス,ラテン語のホスペスはそれぞれ客のみならず主人をも意味し,英語のゲストguestとホストhost,ロシア語のゴスチgost’とゴスポジーンgospodinは同根である。共同体外の見知らぬ人は敵ともなり客ともなりうる。…

※「ホスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホストの関連情報