コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HyperTransport はいぱーとらんすぽーと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

HyperTransport

AMDが開発、提唱したCPUの接続技術で、現在はHyperTransportコンソーシアムで規格がオープン化。IC間接続など、幅広い分野で採用されている。従来のCPUは、外部とのデータのやり取りにBUS(バス)と呼ばれるデータ線を使用している。バスを構成するのが、チップセットと呼ばれる専用ICで、バス上には、CPU-メモリー、CPU-HDD、CPU-LAN、HDD-メモリーなど、あらゆるデータが共有で流される。“バス”と呼ばれるゆえんだが、システムのパフォーマンス低下の一因ともなってしまう。また、特定の周辺機器とチップセット間は、専用のバスで接続され、コンピューター基板の配線が膨大になるといった欠点もある。AMDでは、この欠点を解消すべく、CPUにメモリーコントローラーを内蔵。メモリー専用バスを設け、残りの周辺機器-CPU間の通信を、HyperTransportで結んだ。HTでは、データ線を任意の組み合わせで確保して、周辺機器との接続に利用できるため、複雑な接続結線を簡易化できる。また、通信にはパケット方式を採用しているため柔軟性があり、汎用のIC-IC間の高速バスからネットワークスイッチまで利用が進んでいる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

HyperTransportの関連キーワードOpteron

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android