インディアナポリス500マイル(読み)インディアナポリスごひゃくマイル(英語表記)Indianapolis 500

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インディアナポリス500マイル
インディアナポリスごひゃくマイル
Indianapolis 500

1911年に第1回が行なわれ,同一コースで開催され続けている世界的なレースでは最古といわれるアメリカの自動車レース。通称「インディ 500」。F1モナコグランプリ,耐久レースのルマン 24時間と合わせて「世界三大自動車レース」とされ,決勝の観衆は 40万人をこえる。現在はインディカー・シリーズの一戦に数えられる。使用するのは内側に傾斜のつけられた左コーナーと直線をつないだ楕円形のコース。フォーミュラカーのインディカーと呼ばれるマシンが,1周 2.5マイルのコースを 200周して競う。インディカーの最高速度は時速 300kmを軽くこえる。開催場所のインディアナ州インディアナポリスのモータースピードウェーは初期の路面は煉瓦敷き。煉瓦路面はスタート兼ゴールラインにいまも約 90cm幅だけ残されている。優勝者は表彰式でミルクを飲んで祝う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インディアナポリス500マイルの関連情報