イントラプレナー

人事労務用語辞典の解説

イントラプレナー

イントラプレナー(Intorepreneur)とは「社内起業家」のこと。企業内において新しいビジネスを立ち上げる際、その責務を担うリーダーとなる人材を一般の起業家を意味する「アントレプレナー」(entrepreneur)と区別してこう呼びます。起業家精神はもとより、経営管理能力や事業全般にかかわる実務能力が求められます。
(2009/7/17掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

人材マネジメント用語集の解説

イントラプレナー

・intrapreneur
・「社内企業家」のこと。新しいビジネスを社内で立上げる際にその役割を担う人材を言う。
・企業内において新規ビジネスを立ち上げる責務を負うことができる企業家精神を持った優秀な人材であり、大企業が社内の革新力を高めるために注目する人的資産である。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android