インドクジャク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インドクジャク
いんどくじゃく / 印度孔雀
common peafowl
[学]Pavo cristatus

鳥綱キジ目キジ科の鳥。全長は、雄が約2~2.3メートル、雌は約1メートルある。扇状の羽冠と濃青色の頸(くび)と胸が、近縁のマクジャクP. muticusと異なる。インド、スリランカに分布。世界各地の動物園で飼育されている。[樋口広芳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のインドクジャクの言及

【クジャク(孔雀)】より

…全長は雄180~230cm,雌90~100cm。クジャク属にはインドクジャク(印度孔雀)とマクジャク(真孔雀)の2種がある。 インドクジャクPavo cristatusはインドとスリランカに留鳥として分布し,雄の羽冠は扇子状(イラスト),顔の裸出部は白色,くびから下面は光沢ある濃青色である。…

※「インドクジャク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インドクジャクの関連情報