インドクジャク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インドクジャク
いんどくじゃく / 印度孔雀
common peafowl
[学]Pavo cristatus

鳥綱キジ目キジ科の鳥。全長は、雄が約2~2.3メートル、雌は約1メートルある。扇状の羽冠と濃青色の頸(くび)と胸が、近縁のマクジャクP. muticusと異なる。インド、スリランカに分布。世界各地の動物園で飼育されている。[樋口広芳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のインドクジャクの言及

【クジャク(孔雀)】より

…全長は雄180~230cm,雌90~100cm。クジャク属にはインドクジャク(印度孔雀)とマクジャク(真孔雀)の2種がある。 インドクジャクPavo cristatusはインドとスリランカに留鳥として分布し,雄の羽冠は扇子状(イラスト),顔の裸出部は白色,くびから下面は光沢ある濃青色である。…

※「インドクジャク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インドクジャクの関連情報