コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドコブラ Naja naja; Indian cobra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドコブラ
Naja naja; Indian cobra

トカゲ目コブラ科。全長 2.5mに達するかなり大型の毒ヘビ。体色は変異が大きいが,一般に淡褐色ないし黒褐色で,ぼんやりした淡色の細い環状模様がある。興奮して体の前部を起し,頸部を広げて平たくすると,その背面に眼鏡状の模様が現れるので,メガネヘビとも呼ばれている。性質は荒く,攻撃的で,強い神経毒をもつ。台湾,フィリピン,中国南部から南アジアにかけて広く分布する。いくつかの地方型に分けられ,台湾などに産するものはタイワンコブラと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のインドコブラの言及

【コブラ】より

…アジア,アフリカ,オーストラリアの熱帯,亜熱帯に広く分布する。インドコブラNaja naja(英名Indian cobra)は全長1.2~2.2m。しばしばコプラと呼ばれたりするが,これは誤り。…

※「インドコブラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

インドコブラの関連キーワードコブラ(ヘビ)エジプトコブラドクハキコブラ眼鏡蛇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android