コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド労働組合センター インドろうどうくみあいセンターCentre of Indian Trade Unions

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド労働組合センター
インドろうどうくみあいセンター
Centre of Indian Trade Unions

略称 CITU。 1970年に創立された,インド労働組合の主要な全国センター。インドの労働運動はイギリス植民地時代の 19世紀末に端を発するが,組合運動の開始は第1次世界大戦後である。 1920年に全インド労働組合会議が発足し,やがてインド共産党の強い指導下におかれた。インド独立前後から労働組合の政党系列化が進み,64年の共産党分裂の結果,CITUは左派共産党 (マルクス主義) の指導下で新発足し,初代議長には B.T.ラナディベーが就任した。組合員数は 238万 6000人 (89) で,主要拠点を西ベンガル,ケララ,タミルナド3州におく。労働組合運動は,雇用条件の改善や中央政府の重税政策のみならず政治的な諸権利の達成を目指して推進され,大争議の場合は政党系列下状況をこえて,共同した運動が進められているのが特徴的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

インド労働組合センターの関連キーワード黒人問題鉄鋼業アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)イエメン共和国

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android