コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーストレンフルーシャー East Renfrewshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーストレンフルーシャー
East Renfrewshire

イギリススコットランド中西部の単一自治体(カウンシルエリア council area)。行政府所在地ギフノック。グラスゴーの南西に位置する。全域が旧レンフルーシャー県に属する。1975年の自治体再編でストラスクライド県の一部となり,1996年に単一自治体となった。南部と西部に広がる高地は農業地帯で,最南部は標高 375mに達し,主として酪農と野菜の栽培が行なわれる。北部には市街地が広がり,19世紀初めの綿織物工業の急速な拡大とともに発展した。その後の織物工業の衰退と,効率的な交通システムの拡充によって大きく変化し,バーヘッドなどの都市はグラスゴーのベッドタウンとなった。今日も残る産業には,バーヘッドの浴室・洗面所備品製造業などがある。面積 174km2。人口 8万9290(2006推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android