イープル(英語表記)Ypres

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イープル
Ypres

オランダ語ではイーペル Ieper。ベルギー西部,ウェストフランデレン州の小都市。オーステンデの南約 40km,イーペルレー川沿いに位置する。 10世紀に城を中心に発達し,13世紀にはラシャ工業の発達によりブリュッヘヘントに次ぐフランドルの重要都市となる。当時の人口は 20万と推定されるが,盛時の面影は再建されたゴシック様式の巨大な衣料会館 (1214創建) ,シント・マールテン大聖堂 (13世紀) などに偲ぶことができる。戦略上重要な位置にあり,14世紀末から次々と戦乱や宗教上の混乱に巻込まれ衰退。ことに第1次世界大戦では,町東部の川の突出部の獲得をめぐり大激戦が行われ,25万のイギリス兵を含む 30万余の連合軍兵が戦死し,イープルの町は廃虚と化した。付近一帯には 140ヵ所の墓地がある。農産物市場のほか,繊維工業,建築資材工業が立地。人口3万 5235 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イープル
いーぷる
Ypres

ベルギー北西部、西フランドル州西部の郡都イーペルのフランス語名。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android