ウィズコロナ(読み)うぃずころな

知恵蔵mini「ウィズコロナ」の解説

ウィズコロナ

新型コロナウイルスとの共存共生」という意味で使われる俗語。英語では「Coexist with the coronavirus」「Coexist with COVID-19」などと略さずに表記される。2019年に発生した新型コロナウイルスの感染拡大が長期化し、今後も繰り返し流行する可能性が高いと予想されることから、人々の暮らし方や価値観の変化を論じる際などに使われるようになった。関連する俗語に、「新型コロナウイルスが蔓延した後の世界」を意味する「アフターコロナ」「ポストコロナ」などがある。

(2020-6-30)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android