コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィズダム ウィズダム Wisdom, John Terence Dibben

2件 の用語解説(ウィズダムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィズダム
ウィズダム
Wisdom, John Terence Dibben

[生]1904
[没]1993.12.9.
イギリスの分析哲学者。 1952年ケンブリッジ大学哲学教授。 L.ウィトゲンシュタインから強い影響を受けた。日常言語学派を代表するうちの一人。主著"Interpretation and Analysis" (1931) ,"Problems of Mind and Matter" (34) ,"Paradox and Discovery" (65) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウィズダム【John Terence Dibben Wisdom】

1904‐93
イギリスの分析哲学者。はじめはB.A.W.ラッセルや初期ウィトゲンシュタインの分析理念を奉じたが,1935年ころを境として後期ウィトゲンシュタインの立場に接近し,いわゆる日常言語学派を代表するひとりとなった。とくに〈他我認識〉の問題を考察した論文集《他人の心》(1952)が重要で,G.ライル《心の概念》(1949)とともに,日常言語学派隆盛の気運をつくる。ケンブリッジ大学教授を務め,のちアメリカに移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィズダムの関連キーワードウィトゲンシュタイン言語分析サットンラッセルイギリス巻イギリスの名車Miniバースデーの日日本イギリス哲学会植田清次バリントイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィズダムの関連情報