気運(読み)きうん

精選版 日本国語大辞典「気運」の解説

き‐うん【気運】

〘名〙 時世のなりゆき。事の進行状態の中で、一定の方向をとろうとする傾向。まわりあわせ。時運。時勢
※授業編(1783)三「天地の気運(キウン)にあづかることにて」 〔曹植‐節遊賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「気運」の解説

き‐うん【気運】

物事がある方向に進もうとする傾向。時のなりゆき。「政権交代の気運が高まる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「気運」の解説

【気運】きうん

時の勢いのなりゆき。〔世説新語傷逝〕戴(逵)、林法師(支)のを見て曰く、からざるに、拱木已に積めり。冀(こひねが)はくは理緜緜(めんめん)として、(とも)に盡きざらんのみと。

字通「気」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android