ウィリアム アイアトン(英語表記)William Ireton

現代外国人名録2016の解説

ウィリアム アイアトン
William Ireton

職業・肩書
映画プロデューサー ワーナーエンターテイメントジャパン社長

生年月日
1955年

出生地
東京都

学歴
上智大学〔1976年〕卒

経歴
父は米国人、母は日本人で、日本で育つ。会社ムービー・テレビ・マーケティングを経営し、海外向けの英文映画業界誌「ムービー・TV・マーケティング」を創刊した父の影響で、幼い頃から映画に関心を持つ。1976年東宝東和に勤務、’80年父の会社を経て、’88年タイム・ワーナー・エンターテイメントジャパンの映画部門、ワーナー・ブラザース映画の日本代表。「マトリックス」3部作や〈ハリー・ポッター〉シリーズ、「ラスト サムライ」などの配給で中心的な役割を果たす。ワーナーエンターテイメントジャパン社長を務め、2010年公開の時代劇映画「最後の忠臣蔵」の製作総指揮を執った。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる