ウィンドウサイズ(読み)うぃんどうさいず

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ウィンドウサイズ

TCPのフロー制御を実現するために使われる機能。TCPでは、フロー制御により複数のパケットをまとめて送受信できるが、受信側ホストのバッファーサイズの値が大きいほど、受信側がTCPパケットをまとめて処理できるため伝送効率が高まる。しかし、何らかの理由でパケットが消失すると再送信するパケットの数も多くなって効率が悪い。そのためTCPでは、通信中にウィンドウサイズを適宜調整することで、両者のバランスをとっている。ウィンドウサイズは、TCPヘッダ内に記述されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android