コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンフリード Winfried

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンフリード
Winfried

[生]680頃
[没]755
イギリス,七王国時代の聖職者,宣教師。イングランドに生れ,ドイツの改宗に従事し教皇からボニファチウスの名を与えられ,「ドイツの使徒」と呼ばれたが,フリースラント布教中,殉教。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のウィンフリードの言及

【ボニファティウス】より

…イングランドのデボンシャーのクレディトンに生まれ,7歳で修道院に入る。本名はウィンフリードWinfrid。716年フリースラントに伝道するが失敗して帰国,翌年ローマに向かい教皇グレゴリウス2世から異教伝道の許可とボニファティウス(善行をなす者)の名を与えられ,ヘッセンで活動し数千の受洗者を得る。…

※「ウィンフリード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィンフリードの関連キーワードグレゴリウス(2世)マインツ大司教領グレゴリウス2世グレゴリウス3世ボニファティウスウュルツブルクザルツブルクフライジングエルフルト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android