ウィンフリード(英語表記)Winfried

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンフリード
Winfried

[生]680頃
[没]755
イギリス,七王国時代の聖職者,宣教師。イングランドに生れ,ドイツの改宗に従事し教皇からボニファチウスの名を与えられ,「ドイツの使徒」と呼ばれたが,フリースラント布教中,殉教。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のウィンフリードの言及

【ボニファティウス】より

…イングランドのデボンシャーのクレディトンに生まれ,7歳で修道院に入る。本名はウィンフリードWinfrid。716年フリースラントに伝道するが失敗して帰国,翌年ローマに向かい教皇グレゴリウス2世から異教伝道の許可とボニファティウス(善行をなす者)の名を与えられ,ヘッセンで活動し数千の受洗者を得る。…

※「ウィンフリード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android