ウェストロージアン(英語表記)West Lothian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェストロージアン
West Lothian

イギリススコットランド南東部の単一自治体(カウンシルエリア council area)。行政府所在地リビングストンエディンバラの西に接し,フォース湾に面する。1975年の自治体再編でロージアン県の一地区となり,1996年に単一自治体となった。旧ウェストロージアン県の大部分と旧ミッドロージアン県の一部からなる。電子機器の製造やサービス業などの新たな分野が重工業に取って代わり,ニュータウンのリビングストンには先端技術関連企業が立地する。北部と西部の低地は農業に適し,穀物やジャガイモの栽培と酪農が盛ん。南部の高地ではヒツジの飼育が行なわれる。リビングストンのほか,リンリスゴーやバスゲートに行政機関が集中する。面積 428km2。人口 16万5700(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android