コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウエル岩 ウエルがんwehrlite

岩石学辞典の解説

ウエル岩

橄欖(かんらん)岩の一種であるが,最初はコーベルによって鉱物と考えられ命名された[Kobell : 1938].フィッシャーは橄欖石単斜輝石からなる岩石とした[Fischer : 1873].この岩石は橄欖石と単斜輝石の他に斜方輝石を少量含むかまたは全く含まない橄欖岩で,角閃石と多量の不透明鉱物を含むことがある.ウィリアムズは橄欖石と単斜輝石を主成分とする橄欖岩とし,すべての単斜輝石橄欖石岩を含めて使用した[Williams : 1890].国際地学連合火成岩分類委員会による一般的な火成岩分類では,橄欖石─斜方輝石─単斜輝石三角図で,橄欖石は40~90%,斜方輝石は5%以下のものをいう[Geotimes : 1972].この種の岩石を分析した化学者ウエル(Wehrle)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android