コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォストーク ウォストーク 〈ロシア〉Vostok

2件 の用語解説(ウォストークの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウォストーク(〈ロシア〉Vostok)

ボストーク

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォストーク
うぉすとーく
Восток Vostok 

旧ソ連が打ち上げた人類最初の宇宙飛行士を乗せた宇宙船。ボストークともいう。ウォストークとはロシア語で「東方」の意味である。人工衛星スプートニクが打ち上げられた1957年からわずか4年目の61年4月12日、ソ連は人工衛星を人間の乗り物として利用する実験に挑戦し、みごとに成功した。地球という天体を初めて宇宙空間から、人間の目で観測した意義は大きい。
 ウォストーク第1号の宇宙飛行士はガガーリン。アラル海東方のバイコヌール基地から打ち上げられ、1時間48分で地球を1周して無事着陸した。宇宙船の重量は約4.7トンであった。第3号と第4号、第5号と第6号はそれぞれ二つの宇宙船を近距離で並行させて飛ばす、いわゆるグループ飛行に成功している。また第6号(1963)には初の女性宇宙飛行士テレシコワВ.В.Терешковаが搭乗したことで有名である。地球周回数も第1号の1周から第2号の17周、第3号の64周と多くなり、第5号の周回数81、飛行時間119時間6分は当時の滞空新記録であった。この計画は第6号の打上げで終了し、あとはウォスホート(ボスホート)に引き継がれた。[竹内端夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォストークの関連キーワードクロストークストークスの抵抗法則トークボストークアダムスストークス症候群セールストークトークインストークス線ストークストーン (stone)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone