コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォッシュオーバー・クレセント ウォッシュオーバークレセントwashover crescent

岩石学辞典の解説

ウォッシュオーバー・クレセント

小さなバルハン(barchan)に似た1cmくらいの深さの堤で,1m以下の非常に浅い海の条件で形成される.バルハンは風の当たる側が凸面をした三日月状の砂丘のことである.三日月型の尖頭部は下向きの流れを示し,流れの方向に対して大体対称的な構造をしている.頭が平らなリップルが合体してできたとされている[Tanner : 1960].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android