コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルフ=キッシュナー反応 ウォルフ=キッシュナーはんのうWolff-Kishner reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルフ=キッシュナー反応
ウォルフ=キッシュナーはんのう
Wolff-Kishner reaction

カルボニル化合物をヒドラゾンやセミカルバゾンにして濃水酸化ナトリウムまたは濃水酸化カリウム中で加熱し,ケトンをメチレン基に,アルデヒドをメチル基にまで還元する反応。ファンミンロン改良法は水酸化カリウムのジエチレングリコールまたはトリエチレングリコール溶液を用いるもので,収量がよい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウォルフ=キッシュナー反応の関連キーワードカルボニル化合物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android