コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウガンデレ N'Gaoundéré

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウガンデレ
うがんでれ
Ngaoundr

中部アフリカ、カメルーン中央部にあるアダマワ高原の中心都市。人口18万9800(2001推計)、31万4094(2010推計)。1830年代にこの地域を征服したイスラム教徒フルベ人首長国の首都として建設された町で、いまも首長(ラーミード)の居城がある。1974年に南より通じるカメルーン鉄道がここまで延長されて以来、北カメルーンとの中継地として急速に発展した。周辺のサバンナでは牛の放牧が盛んで、南郊には国立家畜試験場と食肉工場があり、北郊には国立ウガンデレ大学のキャンパスがある。[門村 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウガンデレの関連キーワードヌガウンデレ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android