コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバナ サバナ Savannah

5件 の用語解説(サバナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバナ
サバナ
Savannah

アメリカ合衆国,ジョージア州東部にある港市。ジョージア州とサウスカロライナ州の州境をなすサバナ川河口に位置する。 1733年入植の同州最古の町。 18世紀中期には木材製品,米,サゴデンプン (サゴヤシの樹心から採取する) などを輸出する重要な港として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

サバナ
サバナ
savanna; savannah

サバンナ。熱帯草原植物群系の荒原群系族の一つ。おもに熱帯,亜熱帯の年降水量が 600mm以下で,夏に雨が降りその他の季節に長い乾季をもつ地域に発達。イネ科の草本を主とする草原に樹木がまばらに生え,植物は雨季に葉をつけて繁茂する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サバナ(savanna)

サバンナ

サバナ(Savannah)

米国ジョージア州南東部の港湾都市。サバナ川の河口に面し、綿花の輸出港として発展。セントジョン‐バプティスト大聖堂やミクベイスラエル寺院をはじめ、18世紀植民地時代の歴史的建造物が数多く残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サバナ【sabana】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサバナの言及

【サバンナ】より

…熱帯地方にみられる草本主体の原野。サバナともいう。アフリカ中部のいわゆるサバンナ,南米北部のリャノllano,カーチンガcaatinga,カンポcampoなどのほか,オーストラリア北・中部,インド半島,カリブ海地方などに分布し,丈の高い草原の中に孤立木が散在する長草サバンナを主体とするが,気候,土壌等の条件の差に応じてその相観はさまざまである。…

※「サバナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サバナの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネブラスカ亜米利加アメリカ連合国ジョージア州議事堂アメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サバナの関連情報