コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ンガウンデレ Ngaoundéré

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ンガウンデレ
Ngaoundéré

カメルーン中北部の町。ガルア南方約 220km,アダマウア山地中に位置。伝統的にフラニ族の中心地で,19世紀前半にフラニ族の王国の一部として建設。 1974年にドゥアラ港と 927kmのトランスカメルーン鉄道で結ばれた。農畜産物の集散地で,酪農のほか皮革製造,綿花加工などの工業がある。国内航空の寄港地。人口6万 1925 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android