ウキビシガイ(読み)うきびしがい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウキビシガイ
うきびしがい / 浮菱貝
[学]Clio pyramidata

軟体動物門腹足綱カメガイ科の巻き貝。分類上は巻き貝であるが外見はまったく異なり、殻は螺旋(らせん)状でなく背腹殻からなる。殻形は殻長17ミリメートル、殻幅12ミリメートルぐらいの菱(ひし)形で、殻質はきわめて薄く壊れやすい。殻口も菱形で、そこから翼のような足を出し、それをチョウのはねのように動かして泳ぎ、一生浮遊生活をする。世界の暖流域表層にごく普通にみられ、魚類の天然餌料(じりょう)となる。また、軟体動物中で唯一の無性生殖(横分裂法による)をするものとして生物学上興味をもたれている。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android