ウクバ・イブン・ナーフィー(英語表記)`Uqba ibn Nāfi`

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウクバ・イブン・ナーフィー
`Uqba ibn Nāfi`

[生]?
[没]683
ウマイヤ朝のイフリーキヤ (現チュニジア以西) 総督の一人。エジプトの征服者アムル・イブヌル・アースの甥で,670年いまのチュニス付近に軍事都市カイラワーンを建設した。以後同市は,アラブ・ムスリム軍の北アフリカ,イベリア半島,地中海方面への基地としての役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android