コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウネティチェ文化 ウネティチェぶんか

1件 の用語解説(ウネティチェ文化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウネティチェぶんか【ウネティチェ文化】

チェコスロバキアのプラハ郊外にあるウネティチェÚnětice遺跡を標準遺跡とする青銅器時代前期の文化。アウンイェティツAunjetitzとも呼ぶ。この遺跡で多量の青銅器が発見され,中部ヨーロッパで青銅器時代の始まったことが示された。ボヘミアモラビアを中心とする文化で,銅線を複雑に折り曲げた装身具,青銅でできた重い首輪(インゴットトルク),長身で薄刃の斧,柄に鋲留めする短剣と戈は,この文化の指標である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウネティチェ文化の関連キーワード小協商スロバキアスロバキア語チェコチェコスロバキアドプチェクマサリクモラバプラハの春チェコスロバキアン・ウルフドッグ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone