コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウパマーナ(英語表記)upamāna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウパマーナ
upamāna

インド哲学用語。比較,比喩量。六派哲学派のニヤーヤ学派では,正しい知識を得るための認識方法の一つとする。たとえば,水牛は牛のようなものであると教えられ,のちに水牛の実物を見てこれが水牛であると知る場合である。詩学においては,比喩 upamāに際しての比較の基準をさす。たとえば「月のような顔」という場合,月はウパマーナである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android