実物(読み)みもの

精選版 日本国語大辞典「実物」の解説

み‐もの【実物】

〘名〙 花や葉を観賞するものに対し、果を見て楽しむことを主とする植物。華道では梅擬(うめもどき)南天など。→木物花物
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉三「鉄線花の花物から、青梅、青柚などの実物(ミモノ)葉物、総(すべ)て夏の色で」

じつ‐ぶつ【実物】

〘名〙 実際の物。ほんもの。現物現品
※菅家文草(900頃)九「給無利之実物、充有利之虚物、斯乃国司之所以成一レ事、百姓之所以均也」
草枕(1906)〈夏目漱石〉一〇「一層の事、実物をやめて影丈描くのも一興だらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「実物」の解説

み‐もの【実物】

園芸や生け花の花材で、主に実を観賞の対象とする草木。花材ではナンテンセンリョウサンキライなど。→花物葉物
[類語]葉物花卉野菜蔬菜青物青果洋菜果菜花菜根菜葉菜茎菜青菜菜っ葉若菜有色野菜緑黄色野菜

じつ‐ぶつ【実物】

実際のもの。現物。「実物そっくりの模型
[類語]本物本当本式本格正規正式本来

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android