ウベイディエ遺跡(読み)ウベイディエいせき(英語表記)Ubeidiyeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウベイディエ遺跡
ウベイディエいせき
Ubeidiyeh

イスラエル,チベリアス湖の南にある前期旧石器時代遺跡。 1960年に調査され,礫器剥片から成る石器群が発見されている。当初は石器群の内容からオルドバイ文化に対比されて,猿人段階の人類が残したものとする意見もあったが,現在では 70万年ほど前の前期アシュール文化期の原人段階の遺跡と考えられている。ヨーロッパの地中海岸,コーカサスなどの遺跡でより古い石器が発見されているが,現在のところ西アジア最古の遺跡である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android