コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウポル[島] ウポル

百科事典マイペディアの解説

ウポル[島]【ウポル】

サバイイ島と並ぶサモアの主島。南太平洋中央部にある。山がちで最高点は1100m。サモアの首都アピアがあり,サモアの政治・経済の中心。コプラ,バナナ,カカオを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のウポル[島]の言及

【サモア】より

…総面積は鳥取県よりやや小さい。
[自然,住民]
 南緯13゜~15゜,西経168゜~171゜の海域にサバイイ,ウポルの両主島,その間のマノノ,アポリマの二つの小島,およびいくつかの小さな無人島から成る。いずれも火山島で中央部には高く山がそそり立つ。…

【サモア[諸島]】より

…旧ドイツ領のサモア(旧,西サモア)は第1次大戦後国際連盟の委任統治領として,第2次大戦後国際連合の信託統治領として,いずれもニュージーランドの統治を受け,1962年に独立した。サバイイ,ウポルの両主島に加えていくつかの小島より成る。総面積2842km2,人口16万7000(1996),首都はウポル島北岸のアピア。…

※「ウポル[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android