コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミエラビル Ozobranchus branchiatus

世界大百科事典 第2版の解説

ウミエラビル【Ozobranchus branchiatus】

ヒル綱ウオビル科の環形動物。胴の両側に7対の大きなえらをもっているのでこの名がある。本州の太平洋岸に分布するウミガメ体表に寄生する。体長約1cmで,細長い筒状の頸部(けいぶ)と幅広い扁平な胴部に分かれる。前吸盤は3体環よりなり,その前縁に口が開く。後吸盤は大きい皿状で下に向いている。第11~17体節の両側には分岐して房状になったえらが並ぶ。頭部第2体環上に1対の眼がある。雌雄同体で,生殖口は頸部の後端腹面に開くが,雄生殖口は雌生殖口よりわずか前方に位置する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android