コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウユニ塩原 ウユニエンゲン

2件 の用語解説(ウユニ塩原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウユニ‐えんげん【ウユニ塩原】

Salar de Uyuni》⇒ウユニ塩湖

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウユニえんげん【ウユニ塩原 Salar de Uyuni】

ボリビア南部,アルチプラノにある人口希薄な塩原。そのまま食用に供せられるほどの純度の高い塩化ナトリウムを主とする塩類が厚く堆積している。雨季には湛水することがある。部分的にはチチカカ湖からの水が注ぐウルウル湖,ポポ湖(面積約1500km2)やコイパサ湖(約2000km2)など塩湖となっている所もある。塩原底は標高3653m。最終氷期に存在したミンチン湖(湖面標高3757m,面積約5万km2)が干上がったために形成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウユニ塩原の言及

【アルチプラノ】より

…北部には淡水のチチカカ湖があり,それから流れ出すデサグアデーロ川は出口のない塩湖ポーポ湖に注ぐ。ポーポ湖の南にはサラール・デ・コイパサ,サラール・デ・ウユニ塩原と呼ばれる大きな塩原(サラール)がある。これらの塩湖,塩原は面積5万km2(湖面標高3756m,水深100m)ほどの氷河期湖の名ごりである。…

【アンデス[山脈]】より

… ペルー南部からボリビアに至る中央アンデスでは東西両山系の間に細長い凹地が形成されている。しかしこの地域は降水量が少ないので内陸流域となり,淡水湖であるチチカカ湖や氷期の湖(約5万km2)が干上がったウユニ塩原などが見られる。その周囲には高い(3500~4500m)平たんな平野(アルチプラノ)が形成されている。…

※「ウユニ塩原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウユニ塩原の関連キーワードマルチプラットフォームチャコポトシトリビアトリビアルウユニ塩湖フォトマルチプライヤープチプライス暮利比亜マルチプライヤー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウユニ塩原の関連情報