塩湖(読み)えんこ(英語表記)salt lake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩湖
えんこ
salt lake

水1l中に 0.5g以上の塩類を含む湖。乾燥した内陸盆地の湖に多い。死海は約 20~25%の塩分を含み,海水の塩分濃度の 10倍以上に達している。浜名湖などのように,海水の侵入によって塩分を含むようになった湖は,汽水湖と呼んで区別する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

えんこ【塩湖】

塩分を含んだ湖。普通、水1リットル中に0.5グラム 以上の塩分を含むものをいう。鹹水かんすい湖。鹹湖。塩水湖。 ⇔ 淡水湖

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩湖
えんこ

湖水中に含まれる塩分(溶存する無機塩類濃度の合計)が1リットル中500ミリグラム(0.5‰)以上の湖。淡水湖に対比される。蒸発散量が降水量を上回るような内陸の乾燥気候下では、河川水の流出も地下水による漏出もない閉塞(へいそく)湖が形成され、湖水は濃縮されて塩湖となる。
 イスラエルとヨルダンの国境に位置する死海(表面水の塩分約300g/l)、アメリカ合衆国のグレート・ソルト・レーク(同約270g/l)のように、海水(35g/l)の塩分より著しく濃度の高い湖(鹹湖(かんこ))はその典型であり、オーストラリアや南極ビクトリア・ランドなどにも分布する。砂漠の内陸盆地では、平坦(へいたん)なプラヤplayaとよばれる凹地が豪雨ののち一時的に冠水し、塩湖を形成することがある。海水が常温で濃縮されると塩化マグネシウム型の水質組成となり、死海の場合はこれにあたる。海水が流入する汽水湖のほかにも、福島県裏磐梯(うらばんだい)の川上青沼(1.5g/l)、宮城県蔵王(ざおう)の御釜(おかま)などの火山地域においてみられることがある。塩湖では淡水湖と異なり、安定な密度成層が維持されるため、湖水の循環は不活発で停滞が長く続く。強いアルカリ性を示し、水温の異常成層がみられることが多い。[森 和紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の塩湖の言及

【塩水湖】より

…内陸にある湖沼で,湖水1l中に総塩分量が0.5g以上含まれるもの。塩湖または鹹湖(かんこ)ともいう。これ以下のものを淡水湖,海水の浸入による塩分の多い湖を汽水湖と呼ぶ。…

※「塩湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩湖の関連情報