塩原(読み)しおばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩原
しおばら

栃木県北部,那須塩原市南西部の旧町域。箒川上流域に位置する。 1919年町制。 1956年箒根村と合体。 2005年黒磯市,西那須野町と合体して那須塩原市となった。北に日留賀岳,南に高原山がそびえ,箒川沿いに小盆地が開け,塩原温泉郷が発達,観光地として有名。温泉は湧出量が豊富で,古来塩原十一湯として知られた。周辺では米,高原野菜,タバコを産し,酪農も盛ん。古町温泉付近では化石の木の葉石を産し,鍾乳洞,国の天然記念物の逆杉もある。箒川渓谷は名瀑,名勝が連なり,渓谷に沿って走る塩原バレーラインは景観に優れる。付近一帯は日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しおばら〔しほばら〕【塩原】

栃木県那須塩原市西部の地名。箒川(ほうきがわ)渓流に沿った温泉町で、塩原十一湯と称される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しおばら【塩原】

栃木県北部、那須塩原市にある温泉町。多くの温泉が箒ほうき川の渓谷沿いに分布する。秋の紅葉は有名。

しおばら【塩原】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩原
しおばら

栃木県北部、那須郡(なすぐん)にあった旧町名(塩原町(まち))。現在は那須塩原市の南西部を占める一地区。温泉観光地として有名。箒(ほうき)川沿いの古町(ふるまち)、門前(もんぜん)など塩原11湯の温泉(塩原温泉郷)を中心に発展してきた。1919年(大正8)町制施行。1956年(昭和31)箒根(ほうきね)村と合併。1982年塩谷(しおや)郡から那須郡に編入。2005年(平成17)黒磯市(くろいそし)、那須郡西那須野町と合併して那須塩原市となった。旧町域は、那須扇状地と、高原(たかはら)山と帝釈(たいしゃく)山地に囲まれた塩原盆地とに分かれ、日光国立公園に含まれる。塩原温泉のうち元湯は、古く大同(だいどう)年間(806~810)に発見されたと伝えられ、湯治場として栄えてきたが、1884年(明治17)に塩原街道が開削されてのち、尾崎紅葉(こうよう)の『金色夜叉(こんじきやしゃ)』などによって当地の景勝が紹介されて以後入湯客が急増した。1937年(昭和12)には東北本線西那須野駅間に国道400号によるバスも通じ、箒川の渓谷美と相まって、東京大都市圏の保養観光地として発展している。東北新幹線那須塩原駅、野岩(やがん)鉄道の上三依(かみみより)塩原温泉口駅へもバスが通じる。宿泊施設のもっとも集中するのは門前、古町である。農業にあっては那須扇状地における酪農と、高原山北斜面における高冷地野菜の生産などに特色がみられる。[櫻井明久]
『野口青眉著『塩原風土記』(1954・塩原観光文化社) ▽『塩原町誌』(1980・塩原町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しおはら しほはら【塩原】

(「しおばら」とも) 姓氏の一つ。

しおばら しほばら【塩原】

栃木県北部、那須塩原市の地名。箒(ほうき)川に沿い、塩原温泉郷がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩原の関連情報