コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩原 しおばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩原
しおばら

栃木県北部,那須塩原市南西部の旧町域。箒川上流域に位置する。 1919年町制。 1956年箒根村と合体。 2005年黒磯市,西那須野町と合体して那須塩原市となった。北に日留賀岳,南に高原山がそびえ,箒川沿いに小盆地が開け,塩原温泉郷が発達,観光地として有名。温泉は湧出量が豊富で,古来塩原十一湯として知られた。周辺では米,高原野菜,タバコを産し,酪農も盛ん。古町温泉付近では化石の木の葉石を産し,鍾乳洞,国の天然記念物の逆杉もある。箒川渓谷は名瀑,名勝が連なり,渓谷に沿って走る塩原バレーラインは景観に優れる。付近一帯は日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しおばら〔しほばら〕【塩原】

栃木県那須塩原市西部の地名。箒川(ほうきがわ)渓流に沿った温泉町で、塩原十一湯と称される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しおばら【塩原】

栃木県北部、那須塩原市にある温泉町。多くの温泉が箒ほうき川の渓谷沿いに分布する。秋の紅葉は有名。

しおばら【塩原】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩原
しおばら

栃木県北部、那須(なす)郡にあった旧町名(塩原町(まち))。現在は那須塩原市の南西部を占める一地区。温泉観光地として有名。箒(ほうき)川沿いの古町(ふるまち)、門前(もんぜん)など塩原11湯の温泉(塩原温泉郷)を中心に発展してきた。1919年(大正8)町制施行。1956年(昭和31)箒根(ほうきね)村と合併。1982年塩谷(しおや)郡から那須郡に編入。2005年(平成17)黒磯(くろいそ)市、那須郡西那須野町と合併して那須塩原市となった。旧町域は、那須扇状地と、高原(たかはら)山と帝釈(たいしゃく)山地に囲まれた塩原盆地とに分かれ、日光国立公園に含まれる。塩原温泉のうち元湯は、古く大同(だいどう)年間(806~810)に発見されたと伝えられ、湯治場として栄えてきたが、1884年(明治17)に塩原街道が開削されてのち、尾崎紅葉(こうよう)の『金色夜叉(こんじきやしゃ)』などによって当地の景勝が紹介されて以後入湯客が急増した。1937年(昭和12)には東北本線西那須野駅間に国道400号によるバスも通じ、箒川の渓谷美と相まって、東京大都市圏の保養観光地として発展している。東北新幹線那須塩原駅、野岩(やがん)鉄道の上三依(かみみより)塩原温泉口駅へもバスが通じる。宿泊施設のもっとも集中するのは門前、古町である。農業にあっては那須扇状地における酪農と、高原山北斜面における高冷地野菜の生産などに特色がみられる。[櫻井明久]
『野口青眉著『塩原風土記』(1954・塩原観光文化社) ▽『塩原町誌』(1980・塩原町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

塩原の関連キーワード栃木県那須塩原市鹿野崎新田栃木県那須塩原市前弥六南町群馬県利根郡みなかみ町羽場栃木県那須塩原市上大塚新田栃木県那須塩原市豊浦北町栃木県那須塩原市豊浦南町栃木県那須塩原市豊浦中町栃木県那須塩原市あたご町栃木県那須塩原市木曽畑中栃木県那須塩原市湯本塩原栃木県那須塩原市西朝日町栃木県那須塩原市北二つ室栃木県那須塩原市山中新田栃木県那須塩原市西新町栃木県那須塩原市四区町栃木県那須塩原市若草町栃木県那須塩原市安藤町栃木県那須塩原市宇都野栃木県那須塩原市一区町栃木県那須塩原市弥生町

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩原の関連情報