ウユニ塩沢地(読み)ウユニえんたくち(英語表記)Salar de Uyuni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウユニ塩沢地
ウユニえんたくち
Salar de Uyuni

ボリビア南西部にある塩原。アンデス山脈中のアルティプラノ高原南部に位置し,ポトシ県北西部からオルロ県南端部にかけて広がる。標高約 3600m。同国最大の塩原で,面積約 9000km2。低い山脈によって北のコイパサ塩沢地と分けられる。強風地帯にあって乾燥が激しいため干上がった塩湖の湖底で,乾季には固結した塩分が殻のように表面をおおい,中央部を南北に横断する道路が通じるが,雨季には塩分が湿気を含み湿地状になり,南東部にグランデデリペス川が注ぐ。北岸のサリナスデガルシメンドサ,北西岸のイカ,南岸のカルチャなどに製塩所がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android